ダイエットをサポートしてくれるサプリメントは、ドラッグやオンラインショッピングなど、たくさんの場所で販売されています。いろいろな種類のサプリメントがあるからこそ、どれにしようか迷ってしまうことも多いでしょう。その中でも注目を集めているのが生酵素やラクトフェリンサプリメントです。どちらにもさまざまなメリットがあるようですが、実際ダイエットに適しているのはどちらでしょうか。

そこで、生酵素とラクトフェリンサプリメントの比較をしてみました。

生酵素ダイエットとは?

生酵素がダイエットに良いと言われている理由は、酵素が消化や代謝を助けてくれることにあります。酵素とはもともと人の体内に存在する物質で、その種類は、消化や栄養の吸収をサポートしてくれる「消化酵素」と、筋肉や皮膚の新陳代謝、ホルモンの合成など体内の機能を正常に機能させてくれる「代謝酵素」の2種類に別れます。そのため、体を健康に、またキレイに維持するためにはこれらの酵素が欠かせません。

しかし、体内で作られる酵素には限りがあり、その生産量は40代頃から減少をはじめてしまいます。体内に存在する酵素が減ると消化や代謝が活発におこなわれず、太りやすくなる、活動的でなくなるなど、体に良くない変化が出やすくなるでしょう。そこで活躍するのが「生酵素」です。酵素は野菜や果物などの食物類にも含まれているため、口から摂取することができ、このような酵素を「食物酵素」と呼びます。

この食物酵素を抽出したサプリメントやドリンクを飲むことによって、体内の酵素数を増やし消化や代謝の機能をアップさせることができます。しかし、酵素は熱に弱いため加熱処理をしてしまうと、効率よく摂取することができません。生酵素であれば加熱でなく発酵によって製造されているため、酵素を効率的に体内に取り込み、その数を増やすことができます。

さらに酵素には消化からサポートするという働きがあるため、消化にたくさんの酵素が使われてしまうと代謝に使われる酵素が減り、代謝が落ちてしまうことも分かっています。しっかりと酵素の数を補える生酵素であれば、代謝に使われる酵素の数が増え、老廃物がスムーズに排出される、脂肪が燃焼されやすいといった体質になることが可能です。生酵素によるダイエットはどのように行えば良いのでしょうか。

サプリメントであれば食前や食感など、メーカーが推奨する時間に摂取するだけ、ドリンクであれば朝食などと置き換えるだけのため、誰もが実行しやすいでしょう。体を脂肪が燃焼しやすい体質に変えてくれるため、ウォーキングなどの運動と並行するのもオススメです。新陳代謝も良くなるため、肌や髪がキレイになる効果を同時に得られることも大きなメリットです。

ラクトフェリンサプリメントを使ったダイエット

ラクトフェリンとは人の体内に存在するタンパク質のことで、血液や唾液、涙、羊水などあらゆる外分泌液中に含まれており、中でも、特に多く含まれているのが母乳です。人の体内のほか、哺乳動物の乳の中にも存在しています。鉄と結合することが大きな特徴で、免疫力を上げ、健康を促進する力があるため注目を集めています。

その効能として、体内に侵入してきたウィルスや、ガン細胞などを排除してくれる「ナチュラルキラー細胞」の活性化や、腸内の善玉菌の増殖、歯周病菌をはじめ体に害を及ぼす菌の抑制や減少、鉄分を吸収しやすくし貧血を予防してくれる作用があることが分かっています。

では、ダイエットにおいてはどのように活躍してくれるのでしょうか。ラクトフェリンがダイエットに良いと言われている理由のひとつは、腸内環境を整えてくれることにあります。腸内に不要な排泄物が溜まりにくい状態にしてくれるため、腸に溜まったガスや便が原因でお腹がポッコリしている人やお腹が張っている人のウエストをスッキリさせてくれます。

また、ラクトフェリンには脂肪を減らす効果もあり、ライオン株式会社の研究によるとその効果は特に内臓脂肪において明らかであることが判明しています。12名の被験者に同社で製造されたラフェクトリンサプリメントを2ヶ月間服用してもらったところ、内臓脂肪が平均22%、特に効果があった人では約40%も減ったことが分かりました。以上のことから、ラクトフェリンサプリメントはダイエットに有効と考えられ、特にお腹周りをスッキリさせるといった目的に応えてくれます。

メタボリックを解消させたい人や、お腹周りに限定したダイエットを行う人にオススメのサプリメントでしょう。

お腹回りを健康に減らしたいならラクトフェリン!キレイに痩せたいなら生酵素!

消化吸収という胃腸の働きを良くし、全身の代謝を高めてくれる生酵素と、腸内環境を整えたり内臓脂肪を低減さえてくれたりといった効果を持つラクトフェリン、どちらも健康に良いことが分かりました。健康や美容の目的は人さまざまなため、目的に合ったサプリメントを選ぶと良いでしょう。

では、ダイエットという面で考えた場合にはどうでしょうか。生酵素には全身の代謝をサポートする代謝酵素を増やす働きがあります。その一方で、ラクトフェリンには肝臓など内臓についた脂肪を減らしてくれるといった効果が確認されています。内臓脂肪を減らすことを考えた場合に有効なのはラクトフェリンですが、内臓脂肪がつきやすいのは主に男性で、女性は男性ほどつきやすくはありません。

その原因は女性ホルモンにあり、出産や授乳という役割を担う女性の体は栄養を蓄えることを必要とするため、栄養を蓄えることができる皮下脂肪の方がつきやすいようになっていると考えられています。ラクフェトリンの効果は腸内環境の改善や、内臓脂肪の低減にあるため、足や二の腕などを含む全身の脂肪を燃焼させたいと考える女性や、痩せる体質を作りたいと考える女性には生酵素の方がオススメです。

また、生酵素には消化や吸収を助ける消化酵素をサポートする働きがあるため、腸内環境の改善にも有効と言えます。さらに、代謝を促進させる、痩せやすい体質を作るだけではなく、肌や髪など全身の新陳代謝を促進させる効果もあるため、ダイエットをしながらキレイになりたいと願う女性に適しています。効果はもちろん、自分の目的に合わせたサプリメントを選ぶことでダイエットも成功へと繋がりやすくなるでしょう。

参照URL
http://kenbi-labo.lion.co.jp/lactoferrin/contents_l_1.htm
健康美容ラボ/ラクトフェリン研究室